白髪染めトリートメント診断

白髪染めトリートメントが染まらない!解決方法

白髪染めトリートメント 染めるコツ

白髪染めトリートメントが染まらない!そんな時は髪質・放置時間・温度・量をチェック!これらをきっちり揃えれば白髪は楽に染まります。

 

さらに、白髪染めトリートメントは一回でばっちり染まるのではなく数回使い続けていくことで自然に染まっていくというものだということは頭においてくださいね。

 

その上で、うまく白髪染めトリートメントで白髪を染めるために次の5点に注意してみましょう。

 

白髪をうまく染める5つのポイント

まずは3日続けてやる

徐々に染まっていくのが特徴なので早くとりあえず白髪を目立たなくしたいなら3日続けて使ってみましょう。
乾いた髪で15分〜30分ほどで3日。私はこれで大丈夫でした。

 

自分の髪質を把握

実は髪質が染まりやすさに大きく影響します。まず、細い・やわらかい・パーマがかかりやすい・色が明るいというような髪質は白髪染めも染めやすいです。逆に、太い・固い・パーマがいつもかかりにくい・色が黒いというような人は染まりにくくなってます。

 

室温や温度

室温や温度って実はすごく大事で、頭部を温めると染まりやすいんです!
温度によって白髪染めの反応が促進されることを覚えておきましょう。室温としては20〜30度がベストといわれていますが、専用のヘアキャップを被るなどして頭部を温めることで色の入りがよくなります。温度は白髪染めにおいて凄く重要な要素なんですよ。なので冬より夏のほうが染まる時間が短くてすみますね。

 

放置時間

白髪染めトリートメントは大体10分程度のところが多いですが基本的にはその商品が指定している時間を守りましょう。

 

染まりにくい髪質の人は5分〜10分プラスするといいと思います。ただ、白髪染めトリートメントは髪にも頭皮にも優しい成分がほとんどなので染まりが悪いと思ったら20分でも30分でも伸ばして大丈夫!ただきっちり洗い流しましょう!

 

白髪の多い部分にたくさん塗布する

やはり髪には染まりにくい部分というのがあるはずです。そこには一番はじめに、かつ多めに白髪染めトリートメントを塗りましょう。全部髪の毛に均一にぬるのではなく、部位によって塗る量に変化を付けることは大切です!

 

 

 

このように4点をしっかり見直してためしてみてくださいね^^
きっと前よりうまく白髪染めトリートメントで色が入っていくと思います。

 

よく染まる 白髪染めトリートメント ランキング


白髪染めトリートメント 人気ランキング

白髪染めトリートメントが染まらない!解決方法 5つのポイント関連ページ

白髪とうねり毛の関係
白髪とうねり毛の関係についてまとめました。髪の毛のうねりと白髪はじつは並行する悩みだったりします。髪がうねる原因と対策。
ツンツン白髪の対処方法
白髪をカットするとツンツンして生えてくる白髪の対処方法。
白髪を抜くと白髪が増える理由
白髪を抜くと白髪が増えるという話を聞いたことがあると思います。白髪を抜くと本当に白髪は増えるのでしょうか。その理由とは。
白髪染めの種類
白髪染めといっても様々な種類があります。ここではそれぞれの白髪染めの種類と特徴についてまとめました。
育毛剤と白髪の関係 育毛剤で白髪が改善?!
育毛剤と白髪の関係について。育毛剤を使うことで白髪が改善するといううわさは本当でしょうか。
白髪染めとアレルギー・かぶれ
白髪染めが原因のアレルギー・かぶれについて。ジアミンアレルギーとは。美容院等の白髪染めでアレルギーが出た場合の後の白髪を染める方法とは。
Tゾーンカラーをセルフで自宅でやってみよう!!
Tゾーンカラーとは。生え際や分け目の白髪染めにTゾーンカラーが人気。自宅でTゾーンカラーをセルフやってみましょう。
縮れた白髪は、染まりにくい?
縮れた白髪は染まりにくいのでしょうか。定期的に白髪染めトリートメントを使っていて短い白髪、縮れた白髪、うねった白髪は染まりにくい気がします。本当に縮れ毛の白髪は染まらないのか?原因は何なのか調べました。
硬くて太い髪は白髪染めトリートメントは染まりにくい?
太い髪や硬い髪だと白髪染めトリートメントは染まりにくいのでしょうか。硬くて太い髪の人に染めやすい白髪染めトリートメントとは。セルフで染めるコツを紹介します。