白髪染めトリートメント診断

白髪染めにパッチテストは必要か

白髪染めヘアーカラーの説明書に「使用前にパッチテストを必ず行ってください」と書いてあるのは読んだ事がありますよね。

 

パッチテストとは事前にアレルギー反応がないか検査する事です。

 

確かにアレルギー反応の検査は大切な事だと分かっているけど毎回する必要があるのでしょうか??
車に例えると教習所で「車に乗る前は毎回車の点検をする。」と教わります。しかし車に乗る前に毎回車の点検をしている人なんておそらくいませんよね。いわゆる形式的なものです。

 

白髪染めトリートメント パッチテスト

 

パッチテストも形式的に書いてあるだけなのでしょうか。おそらく多くの方はそう解釈していると思います。実際にパッチテストを毎回している人は少ないでしょう。

 

白髪染めとアレルギー

 

アレルギー反応が起きる確立ですが、これも交通事故と同じでほとんどないです。
しかし0ではないのです。自分には関係ないと思っていてもヘアーカラーを使っていればアレルギー反応を起こす可能性はあるのです。

 

白髪染めヘアーカラーで起きるアレルギー反応はジアミンという化学物質です。

 

ほとんどの白髪染めヘアーカラーに含まれています。今までアレルギー反応がなかったのに急に現れる事があります。そのためメーカーは毎回のパッチテストをお願いしているのです。また一度アレルギー反応がでると2度と使用しない事が大切です。

白髪染め 毛染め アレルギー

私の知人にも突然アレルギー反応がでてしまった人がいます。彼女はパッチテストをしていなかったのでヘアーカラーを頭に塗っている時に異変に気づいたそうです。

 

慌てて洗い流したそうですが、首元から頭皮にかけて、赤くかぶれてしまったそうです。

 

その後病院で診察を受け、ジアミン系のアレルギーと診断されました。彼女も「まさか自分がなるなんて。」と思ったそうです。

 

パッチテストとは確かに面倒くさい作業です。しかし使用中にアレルギー反応がでてしまったら本当に悲惨な事になります。私もリスク管理のため、毎回のパッチテストは必要だと感じます。

 

パッチテストのやり方

1 腕の内側を綺麗に洗いましょう。
2 綺麗にした腕に少量の薬品を塗ります。
3 20分放置して肌に異常が感じなければ24時間放置します。
4 翌日、肌に異常がなければ問題なしです。

 

万が一、肌が赤くなたり、痒み、かぶれがでてしまった人はアレルギーの可能性がありますのでヘアーカラーの使用を控え、皮膚科に診察してもらってください。

 

毎日使える白髪染めトリートメントならジアミンが入ってないのでジアミンアレルギーの人や頭皮がヒリヒリする人はおすすめです。

白髪染めトリートメント 人気ランキング

白髪染めにパッチテストは必要か関連ページ

白髪染めの頻度を考える
白髪染めの頻度を考えて見ましょう。白髪が目立たない頻度は?
妊娠中・授乳中 白髪染めはしても大丈夫なの?
妊娠中や授乳中、白髪染めはしても大丈夫なのでしょうか。大切な赤ちゃんに悪影響はないのでしょうか。