白髪染めトリートメント診断

縮れた白髪は、染まりにくい?

縮れた白髪 縮れ毛

定期的に白髪染めを使用しているのですが、いつも気になる事があります。
それは、白髪の中に縮れ毛が目立つという事と、その縮れた白髪は染まりにくいという事です。

 

今回はこの2つについて調べてみました。

 

白髪に縮れ毛が多い理由

白髪も縮れ毛も髪のトラブルですが共通した原因があるのではないでしょうか。

 

髪の水分量の減少

 

白髪も縮れ毛も何らかの頭皮のトラブルによって生えてきます。共通したトラブルとして一番に考えられるのは髪の毛に含まれる水分量不足です。

 

髪の毛を構成する成分はたんぱく質が80%、水分が13%、資質が5%と言われていますが、加齢による老化や血行不良などでこのバランスが崩れてしまうと、水分量が不足して髪が縮れてしまうと言われています。また白髪の構成する成分も、正常な黒髪よりもたんぱく質が増え、水分が減っている状態だと言われています。

 

加齢や老化による衰え

 

髪の形状は毛穴の形で決まります。直毛の女性は毛穴が真っ直ぐで、縮れ毛の女性は毛穴が曲がっています。そして毛穴は加齢による老化で弾力を失い曲がってくるのです。また白髪の加齢による老化でメラノサイトの機能が働かなくなり生えてきます。

 

つまり加齢による老化で毛穴がまがってしまい、さらにメラノサイトの機能が止まってしまったら縮れた白髪がはえてくるという事ですね。

 

縮れた白髪が染まりにくい?

縮れた白髪 縮れ毛

白髪の原因は良く分かっていないように、縮れた白髪が染まらないという科学的根拠は分かりませんが、以下のことが考えられるのではないかと思いました(あくまで個人的見解です)

 

なかなか染まらない白髪染めと感じる縮れ白髪なんですが、考えられるのは髪質です。

 

一般的に白髪染めで染めやすい毛とは柔らかい髪の毛といわれています。縮れ毛になるという事は髪質の水分が不足して硬くなっている事が多いので染まりにくいのではないでしょうか。
染まらなかった縮れた白髪は根元からカットするのがおすすめです。

 

また頭皮が固くなっている場合や頭皮の状態が良くない場合は、うねった白髪や縮れ毛が出やすい状況とも考えるので、チェックして頭皮が固かったり乾燥しているなら、マッサージやそれようのシャンプーに切り替えるのもおすすめです。

 

 

 


白髪染めトリートメント 人気ランキング

縮れた白髪は、染まりにくい?関連ページ

白髪とうねり毛の関係
白髪とうねり毛の関係についてまとめました。髪の毛のうねりと白髪はじつは並行する悩みだったりします。髪がうねる原因と対策。
ツンツン白髪の対処方法
白髪をカットするとツンツンして生えてくる白髪の対処方法。
白髪を抜くと白髪が増える理由
白髪を抜くと白髪が増えるという話を聞いたことがあると思います。白髪を抜くと本当に白髪は増えるのでしょうか。その理由とは。
白髪染めトリートメントが染まらない!解決方法 5つのポイント
白髪染めトリートメントが染まらない!そんな時は髪質・放置時間・温度・量をチェック!これらをきっちり揃えれば白髪は楽に染まります。
白髪染めの種類
白髪染めといっても様々な種類があります。ここではそれぞれの白髪染めの種類と特徴についてまとめました。
育毛剤と白髪の関係 育毛剤で白髪が改善?!
育毛剤と白髪の関係について。育毛剤を使うことで白髪が改善するといううわさは本当でしょうか。
白髪染めとアレルギー・かぶれ
白髪染めが原因のアレルギー・かぶれについて。ジアミンアレルギーとは。美容院等の白髪染めでアレルギーが出た場合の後の白髪を染める方法とは。
Tゾーンカラーをセルフで自宅でやってみよう!!
Tゾーンカラーとは。生え際や分け目の白髪染めにTゾーンカラーが人気。自宅でTゾーンカラーをセルフやってみましょう。
硬くて太い髪は白髪染めトリートメントは染まりにくい?
太い髪や硬い髪だと白髪染めトリートメントは染まりにくいのでしょうか。硬くて太い髪の人に染めやすい白髪染めトリートメントとは。セルフで染めるコツを紹介します。